×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









「・・・・・・・・・あの女か・・・?」

「ええ・・・・・・。」

「どう見ても普通の少女だが・・・確かに力を感じる。」

「明確な証拠はありませんが・・・誰にもない不思議な力を持っているように僕は感じます・・・。」

「お前が言うなら確かかも知れんな。」

「それに彼女は・・・遅かれ早かれ、運命が訪れることでしょう。いや、もはやいつ訪れてもおかしくない状況です。」

「ああ・・・それは調査で分かっていることだ。」

「・・・どうしましょう?」

「明日・・・俺が行く。」

「・・・・・・。」

「あの女にとっては酷な話かもしれないがな・・・。しかし、最早そんなことは関係ない。そういう宿命が植え付いてしまったんだからな・・・。」

「分かりました。ご健闘をお祈りします・・・。」




「・・・・・・・シロイ・・・・・・アゲハ・・・・・・。」













エピソードT  Unjust cause


第一話 「針、動く」



NEXT